BRONCOブログ

銀魂とハイキュー!!火ノ丸相撲好き(腐女子気味)があれこれ綴っています。コメント大歓迎です!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハイキュー!!第245話ネタバレ感想 鮮烈 | main | 銀魂第627訓ネタバレ感想 平和と破滅は表裏一体 >>

ハイキュー!!第246話ネタバレ感想 夜

0

    いやあ、春ですね。3月になり昼間はぽかぽかした日差しも感じられ、ハイキュー!!カラー表紙もそんな季節を・・ってまだ1月初旬!!真冬!!!それにしても叶歌ちゃん、マジでナイスバディですなあ。身長も高いしモデルとかやれそう。

     

    おのぼりカラスさんたち、カワイイ。てかせっかくの全国大会、毎日自宅から集合よりはるばる来た方が盛り上がりますから!まあ菅タンの言うとおり「そんなにはるばる」じゃないですよね。新幹線なら東京-仙台間は最速1時間半ですもん。あ、こいつらバスか。

    日向が焦ってるのは犬山くんとリエーフがまた身長伸びてたとか?

     

    IH王者だけあっていいホテルに泊まる新山女子チーム。白鳥沢も全国大会の時はいい宿にお泊まりなんでしょうねえ。

    恋愛話に盛り上がる2年生。相変わらず縁下先輩いい仕事するわ。そして1年生はご飯の話でかわいらしい。「焼かさった」って宮城の方言?鮭と卵焼きって朝ごはんじゃん。夜はもうちょっとボリューム出してもらえるよね。にしてもメシの話に反応する飛雄ちゃんのブス顔がカワイイな。

     

    なんなんだ、小3の田中先輩、超絶男前じゃないか!!これでもてなかったって女どもはどこを見ているのだ。ていうか、これだけ男前でダメだったということは、顔面がすごく残念な設定・・ゴホンゲフン

     

    烏養コーチの「とりあえず大丈夫なんだな」とは。烏養ジジイがまた倒れたとかそういうことかしら。背景のガラスが割れてたり壁にひびが入ってたりするのがわびしい。

     

    「大地に余裕がねえと逆にこっちは余裕ができる不思議」

    ビビりの旭が何かに目覚めたようです。自分より吐きそうな人を見ると吐き気がおさまる車酔いの不思議みたいなやつか。なんにせよ旭が大地先輩を落ち着かせてるなんて・・ヒゲちょこさんも成長したのね。

     

    1年生ズ、お風呂みんな一緒でよかった。これ日向と飛雄ちゃんだけだったら最悪気づかれず溺死してたかもしんない。二人ともウトウト状態だし。山口くんグッジョブ!

     

    軽く流すかと思われた田中先輩の恋バナ!掘り下げんの!?

    ごめんなさい田中先輩。これまであなたのこと言いよって来る女子なら基本誰でもOKなんだと思ってました。潔子さんのことはアイドルとして崇めているだけなんだとばかり・・しかしリアル恋愛を犠牲にしてでもその愛を貫こうとしているとは・・Σ(・ω・ノ)ノ!

    そして叶歌ちゃんはホントに脈ありだったんだな。これは大会後に後日談ありか!?

     

    あ、東京、埼玉の音駒、梟谷もなんか泊まってるっぽいですね。そうね、相撲部屋の朝稽古に通える大太刀高校も両国の全国大会に泊まりだったものね(すみません、いきなり火ノ丸相撲で)。最後の大会を前にベランダで青春してたり一人佇んでたりする他チームの三年生に比べ鼻提灯で熟睡する木兎さんの頼もしさよ。さすが全国5本指に入るだけのことはある。

     

    大会二日目。シード校参戦。

    左橋の坊主くんが九州のキリュウかしら。大分は1日目で梟谷に負けてたからそれ以外の県ですね。男子バレー強いっていったら福岡か熊本あたりかな。頭の剃り跡が荒木源之助を思い出させます。

     

    春高って決勝までいっても5日間。

    三年生見れるのはそんだけか〜もうどうしたらいいか分かりません。

    ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wsp.perma.jp/trackback/815
    この記事に対するトラックバック