BRONCOブログ

銀魂とハイキュー!!火ノ丸相撲好き(腐女子気味)があれこれ綴っています。コメント大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハイキュー!!第242話ネタバレ感想 繋がれるチャンス | main | ハイキュー!!第243話ネタバレ感想 それぞれの初戦 >>

銀魂第624訓ネタバレ感想 指は足にもある

0

    すっかり日曜日更新になってしまった銀魂感想・・いい加減元のペースに戻さねば(;´Д`)

     

    辰羅に扮した勝男たち溝鼠組さんたち。鼻まで隠すとそれなりに見えるという、私が日々職場で実感している状況に。いや、帽子と鼻までマスクだと皺とかたるみも見えずなんかよさげに見えるんですよねえ・・という話は置いといて。

    溝鼠組さんたち強すぎない?一応辰羅も戦闘民族なんでは・・と思ったら集団戦術を得意としてて個々の力量はそれほどでもないってことかしら。

    しかし銀さん一旦潰されてたってことだよね?わざと?わざとなの??

     

    定着しつつあるジロチョン。

    「誰がジロチョンだ」って近藤さん以外が調子にのって「トシ」呼ばわりした時みたいだな( *´艸`)

     

    確かに!勝男の回想いらねえ!!(≧◇≦)、いらねえけど先週あれだけ(いるか?)的な回想したジロチョンに言われたかないわ。若ジロチョンと辰五郎さんという美形がいたから持ちこたえたようなものよ。

     

    今回のサブタイトルは勝男のことかい。

     

    スミマセン、死に際の辰五郎さん見て一瞬土方さんかと思いました。落ち着け、私。前髪V字じゃないし。

    大切な人が爺さん婆さんになれるってことは幸せなこと。年寄が年寄のままカッコイイ銀魂ならではの視点ですね。少年漫画とは思えないよ、もう。

     

    来週からは新展開かな?

     

     

    ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wsp.perma.jp/trackback/809
    この記事に対するトラックバック