BRONCOブログ

銀魂とハイキュー!!火ノ丸相撲好き(腐女子気味)があれこれ綴っています。コメント大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< すてぞーくん | main | 銀魂第422訓ネタバレ感想 ハゲたお父さんと白髪のお父さんとお父さんのメガネ >>

重盛ゆく〜そこからの眺め

0

    分かっちゃいたけど・・・やっぱりアナタは逝ってしまいましたね、重盛くん゚(゚´Д`゚)゚

    大河ドラマは、時代によるけどまあ、あらすじは把握しているので、あの場面をどう見せるか、というある種歌舞伎を観るみたいな感覚で観てるとも言えます。
    重盛くんの死も、宋の医者断るとか、出家するとか、いろいろエピソードがあるので、悲しみながらも、そのあたりをどう観せてくれるのかな、と、楽しみ、というと語弊がありますけど、まあ興味深く観ていたわけですよ。

    そしたら、それらのエピソードは放っておいて、ゴッシー(後白河上皇)の悪逆非道なオリジナルエピソードを見せられるとは。
    瀕死の病人の願いに「分かった」と、一旦答えておきながら、「この勝負に勝ったらな」と双六出すなんて、ゴッシー、あんたって人は(;´Д`)
    サイコロ振るにも命削ってるじゃん、重盛くんは!!

    ただ・・・そうやって怒りながらも、ぜえぜえ言いながら必死で勝負する重盛くんがセクシーだと思ってしまった私にはゴッシーを責める資格はないのかもしれません(^。^;)

    ゴッシーが重盛くんイジメを満喫している真っ最中、オヤジが駆けつけてくれました。
    清盛がこんなふうに重盛くんをかばうなんて、あの「よちよち歩く重盛くん」初登場の時以来じゃないの!!とドキドキしておりましたら、なんと、ゴッシー意外にもその時のことを覚えていました。
    あの時は「清盛が負けたら息子をもらう(or殺す)とか言ってたんでしたっけ。そしたら重盛くんが勝手にサイコロ振っちゃって、さらにいい目が出て清盛が勝ったんでしたよね。
    あのエピソードはよっぽど重盛くんファンじゃないと覚えてないんじゃ・・・(^_^;)

    さて、重盛くんは次の棟梁の指名はしなかったようですが、それは清盛が決めることだから?
    この期に及んでまだ「正妻の子ではない」と言われる重盛くん。あのねえ、明子さんは身分は低いかもしれんが、れっきとした正妻でしたから!そこんとこ「明らかによそんちの子」な清盛とは違うから!(あくまで大河ドラマ上です)。

    「疾く、死なばや」って・・・(;_;)いやしかし、ホントあの栄華の中でも重盛くんは苦労続きでしたね。
    オヤジが成り上がる姿だけでなく、お爺ちゃんの苦労も見てるから。
    成り上がりの頂点という立場がよく分かってて、その上で朝廷で生きていくのは重盛くんみたいな性格の人には苦痛でしたでしょうね。

    どうぞ、あの世で明子さんと基盛くんとでゆっくりお休みください。
    そして、もうすぐヤリ放題やり尽くしたオヤジも来ますので、「父上!」と思いっきりツッコンでやってください。


    大河「平清盛」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.wsp.perma.jp/trackback/262
    この記事に対するトラックバック