BRONCOブログ

銀魂とハイキュー!!火ノ丸相撲好き(腐女子気味)があれこれ綴っています。コメント大歓迎です!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

銀魂第649訓ネタバレ感想 数多の王

0

    銀魂のキャラはどこをどうやられると死ぬのかがよく分からなくて、普通の漫画だったらお腹に穴が空いたらダメだろうとかそういった感じなのですが、ヅラとかあのエリザベスの広い背中に張り付いてたし、大丈夫なんじゃね?という感じが拭えません。額に穴も額にクナイ刺さってギャグで済ます銀さんがいるからなあ、どうかなあと思ってましたが、圓翔はさすがにもうダメそう。そして喜々、肺か心臓撃たれてるのかな。でも元気に喋ってるし死なない流れかな〜と、あ、意外とダメだった。

     

    土方さん!!お久しぶりです!!!

    誰と喋ってんのかと思ったら、ああ、信女か。副長通信。近藤さんが見つからないのに意外と冷静な土方さん。もっとオロオロした姿が見たいわ!むしろ「万事屋は?」と聞かれた時の方が沈んだ顔なんですけど。まあ回想が銀さんばっかりというのが土方さんらしいので許す。

     

    徳川の将軍が召される時、歴代将軍が迎えに来るのか!なんか15人じゃすまないぐらいの人数いそうなんですけど、史実の徳川将軍家より長く続いた設定なのかしら。定定はいないの?一人だけご老体の方がいらっしゃるけど、他は40〜50歳ぐらいに見えるからあまり長生きした人はいなかった模様。

    そして将ちゃんんんん!!やっぱりちゃんとお亡くなりになっていたのですね。実は死んでなかったんだよ〜という期待をちょっとだけしていただけにショックです。でもこういう形で分かるのってすごくスッキリしました(;_:)

     

    「あとは頼んだぞ この国を継ぐ 数多の王達よ」

    までは喜々の語りだと思うんですけど、「終わらせよう〜」からは誰の台詞なんでしょう。絵面からすると虚っぽいですけど「俺」とか言いそうにないし。

     

    やっと出ました!龍脈といえばアネモネ姉妹!!世界が滅んだ云々言ってる時に原チャでかっ飛ばす日常感覚がひたすら懐かしいです。一介のキャバ嬢と引きこもり巫女が終盤でやたら重大な役割を担うなんて、空知センセイの伏線凄すぎ!最初から予定してたかどうか分かりませんが(^_^;)

    ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    ハイキュー!!第268話ネタバレ感想 孤爪研磨の根性論

    0

      音駒の作戦会議。内容を理解できないリエーフに芝山くんが解説してあげてるのか!?

      「慣れてみせますよ!レシーバーの皆さんが!」

      「おおよ!過保護上等!セッターを動かさないのが音駒品質だ」

      なにこの男前三年生S

      そしてやはり理解がおぼつかないリエーフ。いいよ、うん君はブロックをガンバレ!

       

      音駒も早流川も似たタイプのチームなんですね。ラリーがいつまでも続いて体力勝負になってくるのか。28-28まできた。「根性はおれには使えない必殺技」なんて言ってるけど、根性根性言わないだけで、使えてるって!猛虎くんも認めてるって!「だいたい最後までやる」って・・「だいたい」なところが研磨品質かもしれないけど( *´艸`)

       

      音駒勝ちました!

      烏野VS稲荷崎の試合の流れをぶった切ってまで長々と(あ、批判じゃないです)音駒描写したのはやっぱりゴミ捨て場の決戦をやってくれるからよね!

      ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      ハイキュー!!第267話ネタバレ感想 罠

      0

        「でも俺達は音駒なので 策に慣れて見せるよ」先週に続きリフレインされたこのモノローグ、現実でいろいろと使えそうです。「でもワタシは○○なので、パワハラにも慣れて見せるよ」とか(慣れちゃダメか)(;´・ω・)

         

        「そこまでナイスでもねーじゃん」って言ってるのは観客かな。それに対して「カッ」と威嚇する夜久さん。もういいです、そういうキャラでいくのね(^_^;)そういえば、烏野は全員がベンチ入りできる部員数なんですけど、他の高校はどんななのかしら。音駒や梟谷も観客席で応援してる部員とかいないのかしら。

         

        なんだか最近福永くんの株がワタシの中でどんどん上がり続けています。こういう風にナチュラルに「低かった」と言ってくれる子ってなかなかいなくないか。「ヨレヨレっスね」とナチュラルに言う後輩は・・まあいいか、リエーフカワイイし。

         

        サルの監督の回想。ここで「〜なんねえよ」って言ってるの今の音駒の監督?なんかずいぶん若そうなんですけど、そんなに昔の話ってことはサルの監督って意外と年齢いってるのかな。バレーボールがカラーじゃない18枚貼りなのが懐かしいな。

         

        あら!音駒にも控えのセッターいたのね(そらいるわな)。球彦くんって名前カワイイ。絶対今テキトーに作ったデショ感がカワイイ!

         

        レシーブの穴に気づく福永くん、ワタシもリエーフ姉同様「ナイスレシーブ」と浮かれてました。「短いっ」と冷静な茜ちゃんさすがだな。

         

        レシーブが乱れてるわけじゃなくて相手側のブロックのミスリードを誘うためのレシーブをやってるってことでいいですか?そしてその司令塔が研磨ってことかな。バレー詳しくないのでその辺なんとなく感じるしかないんですけど。それより「短かったゴメンナサイ」「ハイ」のやりとりにのほほんとしている呑気なダメ読者です( *´艸`)

        ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

        銀魂第648訓ネタバレ感想 本当の戦場

        0

          やっぱり圓翔まだ生きてた。この人がまさかハムレットのクロ―ディア設定だったとは驚きです。兄の棺の前ですでに手を出してますけど早すぎないか、圓翔。お墓(デカいな!)の前で語る時嫁さんのお腹大きかったけど、どっちの子なの?遠征前に兄が仕込んだのか、結婚後に圓翔と作った子か。兄の子だとすると嫁さんの切り替えの早さに驚くばかりです。まあ、妊娠周期が地球人と同じとは限らないけど。

          てか、そういうドロドロした話をいまわの際に部下と敵が大勢いる中訥々と語るってスゴイな、圓翔。

           

          喜々・・スエットじゃなくて良かった。憎しみも悲しみも抱えて、それでも生きるのだ我が民よって、喜々に言われても、という気がしなくもなくもない(どっちだ)んですが、そうせざるを得なくて、それを言うのにふさわしいのが将軍なら仕方ないかな。圓翔が「よき王を持った」とか言ってますけど、将軍は日本の行政の代表者・・でいいのかな、王っていったら銀魂世界にも帝がいるみたいだし・・・地球の王でもなんでもないってことはこの際伏せといた方がいいですね(;´∀`)外国の扱いがホント分からないな。新八をハワイなんかに行かせるから。

           

          でも、「ふざけるな、今更和睦だと」と圓翔を撃ったハゲの人の気持ちもよく分かります。圓翔だけでなく、名もなきモブにも同じだけ重い人生があったわけだから。兵士なんでそれはソレと言えなくもないですけど、分かります。

          あ、喜々撃たれてる。でも撃たれたからこそ「こらえろ」という台詞が活きてくるんですね。今まで散々な事やってきた、言ってきた人が、という気持ちがありますけど、自分の命を持って終わりにしよう、という台詞。これでやっと彼が大将になったんだなと思いました。

           

          ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          ハイキュー!!第266話ネタバレ感想 ネコVSサル

          0

            表紙のカンフー二人カワイイな。飛雄ちゃんのポーズがバカっぽい、というか本当にこういうポーズあるんだろうからバカとか言っちゃいけないのかもしれないんですけど、でもバカカワイイ( *´艸`)しかしオレンジのユニフォームのバックをオレンジに彩色しちゃうって凡人にはできないことですわ。

             

            ここにきて音駒の過去編。音駒は外を何周もしてるの?単に距離を延ばして遠くまで行けばいいんじゃ・・その方が景色楽しむ研磨にもいいと思うんですけど。あ、学校周りをぐるぐる周ってる感じかしら。「根性」に心の壁を作り、筋トレもゼーハー言ってるだけじゃなく、コマの隅で「座りたい・・」とつぶやく研磨、芸が細かい。あと、おしゃべりしないキャラだった福永君、こういう呟きができる子だったとは・・。余談ですが、音駒でやってたダンベルみたいな運動、烏野ではやらないのでしょうか。大地先輩とか得意そうなんだけどな。やりすぎると背が伸びなくなりそうですが。

             

            あら、研磨がクロのアドバイスに応じて虎とコミュニケーションを図ろうとしている!

             

            「やり過ギ ドストエフスキー」

            何か分からんけどカワイイ。韻を踏んでいるわけでもないし、大体ドストエフスキーの名前はフョードル・ミハイロビッチだから「ギ」で終わってるわけでもないし、なぜここでドストエフスキーを選択したの?何か若い人の間でそういうの流行ってるの?おばちゃん分かんないわ!

            あと、一歩引いた良妻賢母型だと誤解していた夜久さんは、やはりこの頃から菅タンキャラだったことが分かりました。まあ、菅タンも連載当初は良妻賢母型副主将だと思ってたんですけどね!まさか大地先輩が後輩のこと頼むのが縁下先輩になるとはね(;´∀`)

             

            今回のテーマはAパスに慣れた体力なしのセッターを追い詰めていくサルなんでしょうけど、前半の現二年生三人のことしか頭に入ってません。月曜日に読んで、ギリギリ日曜日に感想アップしようとして、あ、こういう話だったと思いだしたところです(^▽^;)

            「でも俺達は音駒なので 策に慣れてみせるよ」というめっさカッコイイクロの台詞も忘れてました。ごめんなさい( *´艸`)

            ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

            銀魂第647訓ネタバレ感想 幻想のむこう

            0

              高杉、あと一歩のところで・・てか、圓翔の靴底マシンガンから逃げられるならあとひと振りぐらい刀振るえそうなんですが。

              圓翔の靴底すごいな。どこに弾が入っているのか。銃身出てきた状態でキープできるならシークレットブーツとしても使えますな。高杉にも貸してあげて。

               

              猩覚さんの一団がロ―プ張ってまで高杉を助けてるのは何故なんだろう。春雨のよしみでって関係でもなさそうですし、この場で戦力にならなそうな状態の彼を助けそうにもないんですが。単なる猩覚さんの優しさか!?優しさと言えば「それでもまだ立ち上がろうとしている英雄達が」と、もっさんやヅラも英雄扱いしてくれてありがとう。あと5ページにもわたってポエム披露してくれてありがとう。ステキです!以前の「俺は雨かな」の高杉より文学の香り漂う美しい詩ですわ・・(ポエムより詩の方が高尚なように思える謎)。

               

              最近徐々に増えたとはいえ、やはり珍しい銀魂での見開き。ここまでやったからには仕留めたんだろうなあ。これで来週また直前で届かなかった・・ガクリ、とか膝ついてたらどうしよう。と思ってたら右腕飛ばしてた。でも腕なんですね。靴底にあれだけの攻撃力潜ませてた相手なので胴体バッサリいくのかと・・。まあこれだけのことをやったんだし、思いのたけは披露して死んでもらわないと周囲も(読者も)納得しないのかもしれませんが。

               

              久々の地球。虚、なんでそんな足場の悪いとこにわざわざ昇ってんの。星レベルでしか見えないみたいだから高さはあんまり見え方に関係ないような気もします。しかし、ようやく地球の、銀さんたちの動向が知れるんでしょうか。映画やってるから忘れがちですが、銀さん出なさすぎ。再登場したらその辺りも盛大に愚痴ってほしいものです。

               

              ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

              銀魂第646訓ネタバレ感想 絶望よりも太い奴

              0

                合併号に油断して夏コミ満喫したり実写版観に行ってたりしてたらもう明日次のジャンプ出るじゃんん!!すみません。

                 

                生きてた猩覚さん。なんでか知らないけど、馬董さんはいくらなんでも生きてないよね?体真っ二つだったしね。で、体がバラバラになってないからどうせ生きてる、と思ってた万斉さんも一緒くたに回想されてるから死んじゃったのかしら。

                で、高杉。先週ラストのコマで出てきたから生きてるのは分かってた(もう、その前から死んでないと思ってたけど)のに、登場までの前フリが5ページとは・・・誕生日だからって空知センセイやりすぎ!ヅラの誕生日の時は、船での戦闘シーンだったにも関わらず登場なかったのにいいい!!

                絶望よりも太い奴ってのは高杉なんでしょうけど、高杉だけに太い奴を故意に「体型?」と誤認識してしまいそう(;´∀`)堂本剛のお姉さんが高杉ファンで「高杉やるなら痩せろ」とおっしゃったそうですけど、ワタシはあれくらいふとましくてイイと思いました( *´艸`)後ろから見るとお尻大きいよね、高杉。

                 

                圓翔さんのビームサーベルがなくなって、左腕も失ったようですが、どうすんの?高杉。一気に斬るよね?ここでカッコつけてなんやかやで見逃したりしないよね?あとこの場面の煙が鉛筆書きなのは演出!?時間切れ!?終局の火が燃ゆ・・って煽り入ってるけど、ラスボスは虚なんだから、忘れないようにしないと。

                 

                ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                ハイキュー!!第265話ネタバレ感想 一方その頃不活発猫は

                0

                  合併号に油断して夏コミや銀魂実写版観に行ったりしてたら、明日はもう次号が出るじゃないか!すみません。

                   

                  次のIHは今の三年生はいないのかあ。遠くだったら応援行こうぜって、卒業後も一緒に行動してくれそうなとこが寂しいながらも少しウレシイ。てか、東京の人だったら卒業や就職で遠くへ行くから離れ離れという例がそもそも少ないのかしら、ということに今更気づく田舎者です。

                   

                  と、いうより驚きなのが・・宿泊してるってことです。地元でしょうが!お家から現地集合じゃないの?両国での全国大会に宿泊してた千葉の大太刀高校よりも(in火ノ丸相撲 あれは千葉のどの辺かによる)びっくりだわ。やっぱりホテル「またたび」には猫としては泊まらざるをえないんでしょうかねえ(;´∀`)

                   

                  練習がきつかった後とか試合の後に熱出してたとか、なにその病弱設定。腐ったお姉さんたちが大喜びするね。もう少し早かったら夏コミにこのネタ本たくさん出てたね。

                  もともと先輩後輩の縦社会じゃないみたいな音駒ですけど「・・・おやすみ・・・」「ハイおやすみ」って・・クロ相手ならともかく海さんも保護者かよ!

                   

                  さっきの「ホテルまたたび」といい、回想の中の対戦相手「根炭小」とか、音駒には猫ネタ多いなあ。てかクロが落ち込んでる部屋ってどこだ。わざわざ研磨んちで落ち込んでるのか、研磨がクロんちにゲーム機もって遊びに来たのか。この辺りも腐ったお姉さんが(以下略)

                   

                  猿の鹿監督は猫の教え子かあ。

                  その猿の作戦は研磨の体力を削ること。やっくんの「体力ないけど」という言葉がこの伏線だったか。いや、体力なさそうなのは知ってましたが。

                  ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                  銀魂第645訓ネタバレ感想 ガラじゃない事をするとガラじゃない事が起こる

                  0

                    書いたと思ってたら・・中略 さらに合併号にも甘え、結果今頃書いてるワタシです。詳細は一個前のハイキュー感想で(オイ)

                     

                    実写映画(ほんとに)大ヒット中!!

                    この煽り、他の実写化作品ディスッてますか( *´艸`)夏コミ終わっててもやってたからワタシも観に行きました。東宝シネマズデーで安かったから。ここでネタバレはしませんが、意外と面白かったです。

                     

                    さて本編。どんどんマズイ状況になって盛り上がっていることは間違いないんですが、どうもこう、自分が一緒に盛り上がれないんですね。なぜだろう。仲間を失った悲しみとか言ってるけど、どうせ晋助生きてるよね?とかいうみもふたもない予測が立つからでしょうか。もっさんやヅラが撃たれたところで死んじゃう?という不安がないからでしょうか。

                    今週の一番の感想は圓翔さんのビームサーベルすごいな、というとこです。ビームサーベ流の一門ですか?三重に出てるビームがすごいのか。あとすみません、ずっと圓翔さんのこと圓生と書いてました。落語家か。

                     

                    あ、また子だけでなく武市先輩も猩覚さんも、そしてやっぱり高杉生きてた。武市先輩、あの回想じゃなんで生きてたか分かりませんんん!!

                    ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                    ハイキュー!!第264話ネタバレ感想 失恋

                    0

                      書いたと思ってたら1週飛ばしてた上に次の号も合併号に油断し今頃まで放置してしまってすみあせん。

                      鳥居の上に乗るって結構罰当たり感満載なんですけど、まあお狐様に立ち向かうという点ではありなのかしら。一応靴脱いでるあたりが気を遣ってるとか!?そして日向と飛雄ちゃんの手がですね、握ってはいないまでも触れそうで触れてないのが( *´艸`)

                       

                      本編

                      いきなりコイバナから(≧◇≦)田中先輩にとって恋愛とモテたいは別ものなのか。好きですって言われたら好きになっちゃうという成田くんのキモチもよく分かりますが、そうか田中先輩はそうなのか。そして同級生からもパイセン呼びの縁下先輩、さすがっす。君絶対彼女いるデショ。

                      「けっこんしてください!!!」

                      「いいえ」

                      いや、とかナニこの子気持ち悪いとかじゃなくて「いいえ」という静かな拒否が潔子さんらしいです。あと菅タン、キミはもうこのころから根っからの面白がり体質なんですね。

                       

                      超インナークロスが決まった!

                      チームメイトの次が名無しのモブくんたちの「坊主ううう」コマなのが謎(;´∀`)冴子姐さんより先か!そして二年生の「ははははは」みんな声援が変!!

                      そしてすっかり忘れてたけどここセットポイントだったんだ。

                      「田中はいつも大体大丈夫ですよ」という潔子さん、汗かいてるのはなぜ?これは意外と脈ありなのかもしれません。

                       

                      「わたし やっぱり失恋したかもしれない」

                      え!?叶歌ちゃん、それは・・「心に決めた女性がいる」ってのをしっかり聞いてたの?それともこの人バレーが恋人なんだなあってそういうこと!?ぶっちゃけ失恋してないと思う・・・よ!?

                      ジャンプ感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -